挙式会場に合わせて衣装を決める

一番楽しみ!?衣装選びのポイント!

結婚式の衣装選びといえば、結婚式の打ち合わせでもっともワクワクする人も多いのではないでしょうか。ウエディングドレスや白無垢だけではなく、お色直しのカラードレスや色打掛も…!魅力的な衣装が多くて迷ってしまいますよね。好みはもちろんですが、挙式会場に合わせた衣装選びが大切です。

たとえば、挙式会場が和を重んじる伝統的な神社だったら?当然、白無垢を選ぶケースが多いでしょう。ウエディングドレスをチョイスすることはないはずです。着たいと主張してもスタッフの方から止められるかもしれません。これは極端な例ですが、挙式会場とミスマッチな衣装だと、自分が不自然に浮いてしまうのです。せっかくの結婚式ですから写真にも残ります。違和感のない衣装選びをしてみましょう。

それぞれの挙式会場にぴったりな衣装とは

教会式ではバージンロードが長く、厳かな雰囲気が特徴的です。裾を長く引いたロングトレーンのドレスとロングベールがぴったりです。後ろから特にたくさん写真を撮られるので、後ろ姿が映えるドレスがおすすめです。
レストランウエディングなら、Aラインやスレンダーラインなど、ボリュームを抑えたドレスが良いでしょう。テーブルラウンドもあり、狭い空間をドレスで横切る場面もあり得るからです。
ホテルでの挙式は、凝ったデザインのドレスが特に映えます。シャンデリアや豪華な螺旋階段に見劣りしないボリュームのドレスならとってもゴージャスな上に、一枚の絵のような写真が仕上がります。
ゲストハウスウエディングでは、ゲストハウスの雰囲気に合わせたドレス選びがマスト。ロマンティックな一軒家タイプならプリンセスラインやAライン、モダンでシャープなスタイルのゲストハウスならスタイリッシュなドレスなど、それぞれに向き不向きがあります。

マタニティウェディングは体調に問題がなければ開催することが可能です。より思い出に残る結婚式になるでしょう。