ゲストハウスの結婚式場の特色について

そもそもゲストハウスとは?

ゲストハウスとは、結婚式を挙げるために建てられた施設のことです。よく言われるのが、「結婚式場とはどう違うの?」という疑問です。双方とも結婚式のための施設なので分かりづらいのですが、実ははっきりとした違いがあります。

まず、「貸し切り」というのが大きなポイントに挙げられます。ゲストハウスウエディングでは一軒家をまるごと貸切にして結婚式と披露宴を行います。大きな結婚式場では、同じ時間帯に別のエリアで式を挙げるカップルもいます。その点、ゲストハウスでの挙式は他のカップルや参列客に遭遇することがないため、気兼ねすることがありません。

また、ゲストハウスにはヨーロッパ風の一軒家からアトリエのようなモダンな空間、ゴージャスなお城のような建物など様々な種類があります。外観はもちろん、室内の装飾や家具にもこだわって作られているので、どこを撮っても美しい絵のような写真が仕上がります。

ゲストハウスウエディングのメリット・デメリットは?

ゲストハウスのメリットはフォトジェニックであること、貸し切りにすることでのアットホーム感と装飾・演出の自由度の高さが挙げられます。
一軒家をまるごと貸し切りにするため、装飾や演出が自由自在なのは大きなメリットです。自分たちの好みの外観のゲストハウスを選んで、室内を丸々小物で装飾することもできます。他の結婚式場ではオプション扱いとなるようなものや、持ち込み料が発生するようなものも、ゲストハウスによっては無料で受け入れてくれる場合もあります。

一方で、ゲストハウスの特徴でもある「ガーデン」や「プール」などを生かした演出を考えている場合は、天候によっては台無しになってしまう可能性もあります。雨の日でも可能な演出や、雨が降った場合の代替案などを考えておくと安心です。ゲストハウスの中には屋根を出すことができるガーデンがある施設もあるので、スタッフに事前に相談しておくと良いでしょう。

結婚するとなにかとお金がかかります。少しでも結婚式を安く挙げたいならば、事前に式場のリサーチが必要です。